カウンセリングがすんだたら、医師の指示にしたがって検査を受けることになります。
実際にあごの骨に金属の根っこを埋め込むことになるので、事前にあごの骨の強度や厚さ、さらに、金属との相性を調べることによってどんな金属の根っこがついているのか考えておくことができると言われていますので、しっかり対応できるでしょう。
その後、手術を行いますが、医療機関によって手術を担当する医師の人数は異なると言われています。
非常に繊細な手術なので、専門の医師に対応してもらえるように準備や体調を整えておくことばかりではなく、万が一のことにも対応できるようにしておくことも重要です。
手術を受ける時間がどの程度かを確認しておくことで、安心して予定をくむことができますので、是非事前に納得できるまで質問をしておくことが大切です。
一般的に2時間程度の手術で、その後1時間程度体を休めることによって退院できますが、個人差もあります。
入院は必要がないことが多いです。
すぐに帰宅し入浴することも可能ですので、手術を受けたあと、午後から仕事をする人もいます。
その後時間をかけて完成させるのですが、根っこの部分の調子を見つつ上にかぶせるものを入れていきますが、不便なのかと思っている人も多いでしょう。
しかしそんなことはありません。
納得できるかみ合わせが完了することで、安心できる生活に戻れるのですが、かなり大掛かりなように思いますが、実際に始めるとすぐに終了してくれるので大変便利です。
より効率のいい場合にはある程度日程を相談することで、より短期間で行えます。
中にはご長寿の人でも安心して受けられるので安心です。
費用などをもある程度お子さん達から提供してくれる場合など、様々な場合があります。
信頼出来る医療機関での相談を行うことで、安心できるようにしておきましょう。
安心できるお医者さんとの対応をすることによって、安心して手術・治療を受けることができるでしょう。